「笑うと、えくぼが出るんだ!」喜びを生み出す似顔絵マシーンを7年間続けている理由(イラストレーター Ricco.さん・前編)

仕事は楽しいですか?
誰しも聞かれたことのある問い。自信を持って「Yes」と答えられる人は、どれだけいるだろうか。

イラストレーター・Ricco.さんにとって、絵を描くことは「好き」以外のなにものでもない。だからこそ趣味と仕事の境界線は曖昧で、衰えぬ創作意欲につながっているのだ。

前編では、Ricco.さんが7年間続けている似顔絵マシーンの活動について話を伺った。企画が生まれたきっかけを皮切りに、Ricco.さんがイラストレーターとして仕事を始めた経緯や「どんな仕事も断らない」というスタンスについて話を聞いた。

写真左がRicco.さん。写真右はパートナーのGovoさん

Ricco.(りっこ)
東京都出身。幼少期から絵を描き続ける。美術大学在学中にギャラリー兼カフェを運営。現在に至るまでイラストレーターとして活躍し、イラスト、グラフィック、アクセサリーなど様々なものづくりに携わっている。証明写真機になりきった箱で似顔絵を描く「似顔絵マシーン」は、日本各地で人気を博している。

*

似顔絵マシーンとの出会いは2021年11月、多摩川の河川敷で行なわれたマーケットにて。

1メートルを超える白い箱、正面の怪しい目。その周りにはカジュアルで親しみやすいタッチの似顔絵が並ぶ。「どうやら似顔絵を描いてくれるらしい」と、お客さんがぞろぞろと集まっていた。

所定の場所にチケットを入れ、箱の前に座る。1枚あたり600円。メガネ&口ひげのお兄さん(Govoさん)と短く会話を交わしていると、2分弱で絵が完成。証明写真のような速さで似顔絵を描いてもらえるという仕掛けだ。

*

企画の主は、イラストレーターのRicco.さん。生活情報誌の挿絵や、チョコレートメーカーのパッケージなど、主に企業の商品やサービス向けにイラストを描いている。

仕事は引きも切らない人気ぶりだが、本業でない似顔絵マシーンの活動は7年間も続けている。お客さんに意外性と楽しさを提供する似顔絵マシーン、似顔絵を描くRicco.さん自身が、一番楽しんでいるように見えた。

1 2 3 4